2016/05/21

アロママッサージでストレス解消しましょう‼︎

こんにちは。忙しくてちょっとブログの更新サボリました。ごめんなさい。

 

 

さて、前回に引き続き脂性肌についてのお話しです。
それでは、脂性肌になってしまうかもしれない生活習慣と、

 

その生活習慣が、何故に皮脂の分泌を過剰にしてしまうのか、解説をしてみたいと思います。

 

皮脂の分泌を過剰にしてしまう生活習慣は、主に次のような事があります。
ストレス
睡眠不足

 

喫煙・飲酒
これらの生活習慣は、脂性肌と共にニキビや肌荒れを併発させるケースも多く、

 

キレイなお肌を目指す女性には特に注意が必要です。
それではストレスについてです。

 

ストレスの原因には、物理的なもの、化学的なもの、生物学的なもの、精神的なもの、
などなど様々ありますよね。
これらが積み重なると以下のような作用により、皮脂の分泌量が増えてしまいます。
(1)アドレナリンとノルアドレナリンの分泌により、血流が増加することで皮脂の分泌が促されます。

 

(2)ストレスに対抗するためのホルモン「コルチゾール」が皮膚に働きかけ、皮脂の分泌が促進されます。

 

(3)副腎から男性ホルモン「アンドロゲン」が分泌され、皮脂の分泌が促進されます。

 

 

 

次に睡眠不足についてです。

 

睡眠不足は肌トラブルの大きな原因です。
深い眠りの時、つまりノンレム睡眠時に分泌される成長ホルモンは、
ストレスや疲労を回復させたり、新陳代謝を促して傷んだ組織の修復に、
働きかける作用があります。
睡眠不足が続くと交感神経が乱れ、男性ホルモンの分泌が増えることで、

 

皮脂の分泌量が促進してしまいます。そう、睡眠不足はお肌の天敵なのです。

 

 

 

続いては飲酒について。
そろそろビールが美味しい季節になってきましたね。

 

お酒が好きな女性はちょっと注意が必要です。
それに、お酒を飲むと眠れるという人がいますが、飲みすぎは逆効果です。
何故か?

 

アルコールが入るとリラックスした状態になり、

 

確かに寝つきはよくなったように感じられるかもしれません。
でも2~3時間すると、交換神経を刺激して睡眠の質を低下させてしまいます。
それに、利尿作用もあるため、夜中にトイレに行きたくなったりするので、睡眠不足にも繋がりますね。

 

それともう一つ、アルコール摂取による急激な血糖値の上昇は、
インシュリンの分泌を促し、これによって皮脂の分泌を促進させてしまいます。
飲みすぎにはご注意くださいね。

 

 

つまり、アロママッサージでリラックス&リフレッシュ‼︎

 

で、

 

ストレス解消すれば、良く寝れて、お酒も飲み過ぎずにすむと思います。

 

 

2016/04/25

リンパドレナージュでホルモンバランスを整えましょう

こんばんは。

 

リンパドレナージュはおカラダの不調を内側から正常に戻すことが出来ます。

 

 

脂性肌になる原因シリーズ
今日は脂性肌の原因のひとつ、ホルモンバランスの乱れについてです。

 
皮脂の分泌には、ホルモンバランスや自律神経の働きが大きく影響しています。
なので、ホルモンバランスや自律神経に影響を与える、

 

普段の生活習慣の中に、

皮脂の分泌を過剰にしてしまう原因が潜んでいる場合が多々あります。

 

 

普段は乾燥肌なのに生理前になると、肌が脂っぽくなったり、
ニキビができやすくなると感じたことはありませんか?
これは排卵日を境にして、プロゲステロン(黄体ホルモン)
の分泌が活発になることが原因です。
プロゲステロンは男性ホルモンと似た働きがあり、
皮脂の分泌を促す作用があります。その為、肌が脂っぽくなってしまうのです。
生理の時は、普段よりも皮脂の分泌が増えるのは自然な事なんですね。

 
生理前は食事や生活スタイルに気をつけて、
皮脂の分泌を促進する他の原因を、なるべく作らないようにしましょう。

 
続いて
ストレスもホルモンバランスを乱す原因です。
ストレスは交感神経の働きを過剰にしたり、
男性ホルモンやコルチゾールといったホルモンの分泌を活発化し、
皮脂分泌を促進してしまいます。

 
慢性的なストレス状態が続くと、

 

副腎皮質からコルチゾールというステロイドタイプのホルモンが、
分泌されるようになります。
コルチゾールは、

 

身体へのさまざまな負荷に対抗する重要な役割を果たしています。
ですが、血中にコルチゾールが多い状態になると、
男性ホルモンを増加させるために皮脂の分泌が促進され、
バリア機能も低下して、ニキビなどの肌トラブルを引き起こします。
適度な生活の刺激や変化は、気持ちを前向きにさせるなど、
健康にとってもプラスの作用をもたらします。

過度なストレスは、身体や肌に悪影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。
そして、多忙な女性に多いのが、

 

ホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモンの血中濃度が高くなって、

 

皮脂分泌が過剰となり「大人ニキビ」ができてしまうケースです。
脂性肌と共に悩ましいですね。

 
ホルモンバランスの乱れが原因で脂性肌になり、
ニキビができている場合、ホームケアでは対処できないことがあります。
放っておいて化膿したり、ニキビ跡が残ってしまうなどの、

 

悲劇に見舞われる前に、皮膚科を受診してちゃんと治療して貰いましょうね。

 

その前に、リンパドレナージュでリンパケアを!

 

カラダの不調を取り除き、リラックス&リフレッシュして、

 

美肌を目指しましょう。

2016/04/20

リンパドレナージュと食生活で脂性肌を改善

こんばんは。

 

 

今回は、食事・食生活と脂性肌の関係
脂性肌はスキンケアやホルモンバランスなど、さまざまな原因が考えられますが、
食生活が大きく影響しているケースがあります。
食生活が、脂性肌に与える影響の代表的なものが、以下の2つです。

 

・皮脂の過剰分泌を誘発する食べ物の摂りすぎ
・過剰な皮脂分泌を抑え、皮脂を適性にコントロールする栄養素の不足

 

 

それではひとつめの「皮脂分泌を誘発する食品」についてです。

 

皮脂の分泌を促す食品として、代表的なものは以下の通りです。
(1)中性脂肪になりやすい食品

 

皮脂の主成分は中性脂肪。そのため、中性脂肪になりやすい食品を多く摂ると、

 

皮脂の分泌が増加すると言われています。
具体的には以下のような食品です。
動物性脂肪の多い食品(バター、生クリーム、チーズ、卵、脂身の多い肉類など)
砂糖、果糖を多く含む食品
アルコール等
続いて

 

(2)血糖値を急上昇させる食品(高GI食品)

 

血糖値が急上昇するとインスリンというホルモンが分泌されます。
インスリンは皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌を亢進させます。
具体的には以下のような食品です。
生成された穀物(小麦粉、白米など)と、その加工食品(パン、麺類、お餅など)
砂糖、お菓子など甘いもの(ケーキ、クッキー、ドーナツ)
ジャガイモやジャガイモを使った料理(マッシュポテト、ポテトチップス、フライドポテトなど)
これらの食品は皮脂分泌を過剰にするだけではなく、
肥満やニキビなど、体やお肌に悪影響を与える可能性があります。

 
続いてふたつめの「皮脂分泌をコントロールしている栄養素」についてです。
皮脂分泌を、適切にコントロールする栄養素について解説します。
以下の栄養素は、皮脂の過剰分泌を抑制するため、

 

不足すると脂性肌の原因になります。
(1)ビタミンB2

 

皮脂の分泌量を適性にコントロールし、

粘膜や皮膚の健康を保つ役割をしているビタミンです。
(2)ビタミンB6

 

ビタミンB2と協力して皮脂の分泌を調節します。

 

(3)ビタミンC

 

内服することで皮脂の過剰分泌を抑えると同時に、
皮脂が酸化してお肌にダメージを与えるのを防ぎます。

 
以上のように、食生活は皮脂腺や皮脂の分泌にも大きな影響を与えます。
脂性肌でお悩みの方は、皮脂の過剰分泌を誘発する食品を控え、

 

皮脂の過剰分泌をコントロールするビタミン類を、積極的に摂取しましょう。

 
不足がちな栄養素を、サプリメント等で補うのは良いことですが、
「サプリさえ摂っていれば大丈夫」というわけではありません。
バランスの良い食事を心がけましょう。

 

 

さらにリンパドレナージュで、リンパケアをしっかりすれば、

 

カラダの内側からキレイにそして、健康になっていきます。

2016/04/17

天気がイマイチの日はアロママッサージでリフレッシュ!

こんにちは。

 

今日は朝から天気がいまいちですね。

 

こんな日は、アロママッサージで、リラックス&リフレッシュしましょう。

 

御予約状況はお問い合わせ下さいませ。

 

当サロンは、完全予約制で完全個室になっております。

 

リラックスするには最適です。

 

また各種キャンペーンもございますので、お得にご利用して頂けます。

 

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

2016/04/10

美肌になれるリンパドレナージュ

本日も御予約・御来店有難うございます。

 

 

先日の続きです。

 

脂性肌になってしまう原因について①

 

 

間違ったスキンケアは、乾燥や外部からの刺激からお肌を守る
「バリア機能」
を低下させてしまいます。
このバリア機能が低下すると、お肌は紫外線やアレルゲンなどの
刺激に対して弱くなってしまうため、
皮脂分泌を増やして、自らを守ろうとします。

 
このバリア機能を低下させるのは、以下のような「NGスキンケア」です。

 
(1)過度な洗顔・刺激の強すぎる洗顔

 

間違ったスキンケアで最も影響が大きいのが、
「過度な洗顔」と「刺激の強すぎる洗顔」です。

 

バリア機能は、角質層の細胞間脂質(主成分はセラミド)やNMF(天然保湿因子)
そして角質層の表面を覆う皮脂膜から構成されていますが、
これらは強い洗浄剤を使って洗顔すると流出してしまいます。

 

洗顔によりバリア機能が低下したとしても、
通常は約24時間で回復しますが

 

1日1回以上、洗浄力の強い洗顔剤を使うと、
回復する前に次のダメージを受け、お肌が無防備な状態が続いてしまいます。
また、角質層は摩擦に弱いため、物理的な刺激を与えると
簡単に損傷したりはがれてしまいます。
水だけで洗顔する場合でも、お肌をこすってしまうと
バリア機能が損なわれてしまいますので、十分な注意が必要です。

 

当てはまる方は要注意!

 

10代とか若い人であればお肌の回復が早いため、

 

大きな問題にならない場合がありますが、
大人が同じことをすれば、すぐにバリア機能が低下して

 

お肌が悲鳴をあげてしまいます。

 

 

(2)保湿不足

 

脂性肌の人がスキンケアで特に気をつけたいのが、
「保湿」です。
脂性肌の人は「保湿をするとべたつく」と思い、
化粧水や乳液等で十分な保湿をしないケースがあります。
洗顔後のお肌は角質層の細胞間脂質や、NMF(天然保湿因子)、
皮脂膜が多かれ少なかれ流出し、バリア機能が通常よりも低下している状態です。

 

バリア機能が回復していない間は、

 

しっかりと保湿をして保護をする必要がありますが、
そのまま放置すると、お肌は自らを守るために皮脂の分泌を増加させてしまいます。

 

 

この他にも、自己流のホームピーリングやはがすタイプの毛穴パック等、
角質や角栓を取り除くようなスキンケアは角質層にダメージを与え、
皮脂の分泌を過剰にする可能性がありますますので、十分な注意が必要です。

 

リンパドレナージュでカラダの内側から不調を改善して、

 

お肌の若返りを目指して美肌になりましょう。

 

女性を応援するリラクゼーションサロンのブログで美しくなるための秘訣をご紹介しています

藤沢市にある女性を応援するの完全予約制プライベートサロン「ギルド・フジサワ」では、セラピストによるブログを配信しております。
当店についてのご案内をはじめ、女性が美しくなるための秘訣やダイエットの極意についてご紹介させていただいておりますので、ぜひご覧になってください。ストレス社会でお疲れの女性に至極のリラクゼーションをご提供しているセラピストが、美しく痩せるコツやデトックスの大切さをブログにてアドバイスしております。
藤沢市にあるギルド・フジサワはアロマオイルを使ったオールハンドのリンパドレナージュをご提供しております。マシンに頼らない手技のみの心地よい施術を、ぜひ一度お試しください。