2015/12/21

ビールで便秘解消?さらに美肌効果も?

キャンペーン開催中です

 

 

ビールは女性の味方?

 

でもビールって太るイメージがありますよね。

 

だから大好きなのに飲むのを我慢してる…なんて女性も多いはず。

 

しかし!  実はカラダにうれしい効果があるらしいんです。

 

おいしいのはもちろんですが、ビールには以下のようなメリットも。

 

 

 

便秘解消     ビールに含まれる炭酸ガスの刺激で、胃腸の働きを活発にします。

 

美肌効果     ビールにはビタミンB群(B2、B6、B12)、パントテン酸、葉酸など美肌効果のある栄養

 

                     成が入っています。

 

脂肪燃焼効果 ビタミンB2は、脂肪の燃焼を促進すると言われています。

 

 

もちろん飲み過ぎはダメ‼︎しかし適量なら美容効果がありそうですね。

image

ではどのくらいの量なら、ダイエット中に飲んでもOKなのでしょうか?

 

ビールのカロリーは、350mlの缶ビールは約140kcal。500mlだと約210kcalです。

 

この数字を見ると「カロリー高いな~」と思うかもしれませんね。

 

でも、アルコールはすぐにエネルギーとして消費されるため、

 

肥満にはつながりにくいと考えられています。

 

 

では何が問題になるのかと言うと、

 

ビールに含まれている『糖質』ですね。

 

数年前から、カロリーよりも糖質の摂取をセーブする『糖質制限ダイエット』も流行しています。

 

ビールには、500mlで約15gの糖質が含まれているので、

 

ダイエット中は控えたほうがいいと思われがちですが、

 

ごはん1杯(150g)に含まれる糖質は約55g!

 

少し飲むだけなら、気にするほどの糖質量ではなさそうです。

 

 

ダイエットを意識するなら、1日に飲む量は中ジョッキ1~2杯程度におさめるといいでしょう。

 

最近は多くのメーカーから糖質オフのビールが発売されているので、

 

飲み比べてお気に入りのものを見つけるのも◎。

 

ただし糖質オフとはいえ、カロリーはあるので、飲みすぎたら太るのは当たり前!

 

 

 

飲む量は1日2本までがオススメ。

 

忘年会シーズンで飲まなきゃいけない時もありますし、飲み始めるとつい何杯も飲んでしまいますが

 

ビールだけでなくお酒は、ほどほどにしましょうね。